不孕不育 • 体外受精 上海永遠幸産婦人科公式サイト /

  • 不妊症・不育症について知っておきたいこと

     不妊症・不育症は社会問題になっています。

    多くの方にとって、人生最大の幸福とは、自分が愛すると子供を産み育てることです。不妊症や不育症に悩んでおられる方もいるかもしれません。不妊症や不育症に悩んでおられる方もいるかもしれません。

    不妊・不育(infertility)は男女両者が1年以上同居し、避妊をせず、正常な性生活があるにもかかわらず、出産できない状態のことをいいます。

    世界保健機関(WHO)が20世紀80年代末期に行った25カ国の調査によると、全世界に約6000万~8000万の夫婦が不妊症・不育症であり、さらに環境とホルモン、および関連する病気などによる影響で不妊症・不育症の夫婦が増加傾向にあり、また、全世界の約8%~12%の夫婦が不妊症・不育症になった経験を持ち、不妊の苦痛を受けていることが示されています。同時に、この数値は不断に上昇しています。

    1-1Q2091J60S53.png

    現在、中国の出産適齢期夫婦の出産能力は低下傾向にあり、環境、飲食、ストレスなどの原因により、中国の女性の出産能力は年々低下しています。調査によると、中国の不妊症・不育症の症状のある出産適齢期夫婦の比率は約10%~12%に及び、現段階では「二人っ子政策」が実施され、高齢不育の女性が多く、出産状況は予断を許さない状況です。

    不妊症・不育症は命にかかわる病気ではありませんが、患者やその家庭は、社会、家族、友人、および自身から大きなプレッシャーを受け、個人的な苦痛を受け、夫婦の感情と家庭の幸せを破壊しかねません。そのため、不妊症の患者さまにもっと関心を持ち、心理的、身体の面からサポートすることが、我々医師の責任と義務です。


  • 通常の不妊症・不育症の検査方法


      不妊症の検査方法はたくさんありますが、医師は、それぞれの病因に基づき、異なる検査方法を採用します。不妊症・不育症だと確定されたら、医師の意見を尊重し、相応の検査を受けてください。


    通常検査方法の紹介:

    A.ホルモン検査:基礎となるホルモン検査六項目(月経2から5日)+AMH(月経の期間の制限を受けない)です。これは卵巣機能を評価するとても良い指標です。御周知のとおり、妊娠するには良い種が必要です。これらの検査と経膣超音波検査により卵巣機能の初歩評価が行えます。

    B.経膣超音波検査:これは不妊症婦人科医師になくてはならない機器です。経膣超音波検査を行うことにより、医師は患者の子宮卵巣と卵胞の発育状況を明確に理解できます。

    不孕不育-2.png1-1Q2091J431146.png

    C.子宮卵管造影検査(HSG):子宮内腔に造影剤を注入し、子宮内腔卵管の流動状況を観察します。レントゲン写真を撮り観察し卵管の通過性、卵管のふさがっている部分、子宮腔の形態及び骨盤の状況等を調べます。またHSGにも一定の治療効果があり、わずかな癒着の場合、緩和させる効果があります。これは、比較的古い検査で、臨床で数十年採用されている検査ですが、子宮卵管造影検査は安価で傷つけないため、現在でも広く使われている検査です。ただし、55%前後の精確率しかありません。

     D.子宮鏡検査:近年内視鏡技術が普及しており、子宮鏡も不妊症の検査と治療に広く応用されています。子宮鏡検査を行うことで、子宮の形態、筋腫、息肉、癒着の有無を調べます。また子宮鏡を見ながらこれらの病気を治療することもあります。卵管に管と入れて液を流し、卵管の通過性の状況を確認する一方、卵管の部分癒着を緩和させます。

     E.超音波でモニターしながらの卵管通気・通水検査:当院は日本独特の治療を採用しているため、専門の卵管通気通液の検査器を使用しております。超音波でモニターしながら、卵管を通気・通水し、卵管と子宮の状況をリアルタイムで調べます。操作は簡単で、無傷無痛で受けられます。

     F.子宮鏡、腹腔鏡連合術:これは、卵管の通過性状況を診断するゴールドスタンダードです。ただし操作が複雑で、入院して麻酔をする必要があり、費用もやや高い検査です。




  • 不妊症の治療

    ■  それぞれの病状に基づき適した治療を行います。

    A.A.排卵に問題のある方は排卵を促す治療と、超音波、血液、ホルモン検査を行い、妊活指導を行います。

    1-1Q2091J45bL.png

    B. B.卵管骨盤が原因の場合、低侵襲手術により骨盤を広げます。一部の患者さまには効果があります。

    C. C.生殖補助技術(AIH、IVF/ICSI等)




  • 当院の特長

    世界に先駆けて「自然周期療法」と「ガラス化凍結法」の二つの生殖補助技術を提唱した医療機関として、永遠幸は世界一流の不妊症・不育症治療レベルを備えた病院です。技術を円心とし、厳格な工程設計と先進的な設備ときめ細かい行き届いた医療サービスを半円とし、不妊症患者さまの妊娠するという夢を円満にします。男性泌尿器科と漢方治療方法を組み合わせて補助を強化することで、永遠幸医療グループは様々な原因で引き起こされる不妊症・不育症の独特な治療方法を備えています。個人個人症状も病状も異なるため、当院は個人にあった治療方法をカスタマイズし、科学、専念、専門、暖かいサービスの特色を心がけています。

    1-1Q2091J525547.png

    不妊症・不育症治療は、上海永遠幸病院生殖センターにお任せください!


    ■  自然周期法と低刺激法

    「自然周期法」と「低刺激法」とは、女性の正常な生理排卵周期を利用し、薬物を最小限におさえるか、一切使わずに補い、薬物の量を抑え、卵巣への過度な刺激を低下させ、卵子の質を高め、1個か2個の正常な卵子を採取し、体外受精を行い、COHによる卵巣刺激法と同等な成功率を得られる一種の方法です。自然な状態に近づけ、薬物の量を抑えることにより、卵巣の過度な刺激症候群を避け、女性の生殖健康を大きく保護しているため、多くの治療者から好まれています。この方法は、欧米諸国と日本などで広く採用されており、排卵を促す技術の発展を率先している理念だと信じております。


    ■ ガラス化凍結法

    ガラス化凍結法にはES、VSの二種類の液体しか必要とせず、通常15分以内に凍結させ、胚を直接VSから液体窒素に入れ、超快速冷凍させ、氷晶の形成を避けます。また、cryotopを保存用のデバイスとして使用します。これにより安価、便利、安全(交差感染の危険性を低下)、なんの計測器も必要とせず、快速に完了することができ、発展の潜在力を持っています。ガラス化凍結法技術の強み:凍結胚の孵化率と累計妊娠率を大幅に高めます。卵子の冷凍技術の問題を解決し、卵子バンクの確立に確かな技術の礎を築いてます。



官方微信

地址:中国(上海)自由贸易试验区富特西一路477号

邮箱:info@towako.cn

全国服务热线:021-55078288